お客様紹介

お名前:S・Yさま
担当者:森田 澪(もりた れい)

仕事内容:メーカー系生産管理
2011年5月より区分マンション2件にて、資産約6,540万円の運用をされています。

不動産投資を通じてお金の考え方が変わりました

森田:本日はよろしくお願いします。

S・Yさま:こちらこそ。

―お客様のライフプランの定期見直しとして、2018年末から森田が担当させていただきました。

S・Y様は今回2件目のご購入をいただきましたが、2011年5月からのお付き合いですね。きっかけはT・H様からのご紹介でした。

S・Yさま:そうですね。Hくんとは同級生でした。

幼なじみ同士、将来の話になり、Hくんが不動産による資産運用を始めたという話を聞いたのがきっかけです。

森田:35歳ごろということですね。

S・Yさま:紹介してもらって、最初にお会いしたのは2009年末だったと思います。

―お会いしてからご購入まで1年半ほど、ライフプランの見直しを継続いただきました。

S・Yさま:そうですね。もともとあった借入の返済計画や生活収支の見直しなど、いろいろお手伝いをしてもらいました。

森田:ライフプランの見直しを始めてから毎月5万、ボーナス時にはそれぞれ10万も預金をして、購入までの1年半の間に120万円の預金を達成したと、うかがったときはビックリしました。

結構厳しめの目標設定ではなかったですか?

S・Yさま:うーん。でも今思うと、ライフプランの見直しについて、きちんと言ってもらえなかったら気づけなかったと思いますよ。当時は、目の前の生活しか見えなくて、「資産運用ってなんですかー?」って感じだったから。

預金よりも借入残高のほうが多かったんで。

森田:将来への不安については、どんなものがあったんですか?

S・Yさま:漠然とした不安はありましたが、一番は「何も考えていないこと」が不安でした。

「経済的に何歳まで生きていけるのか?」っていう不安はありましたよね。

 ご購入いただいたLEXE HONJO-AZUMABASHIのエントランス

森田:現在は2件所有されて、将来の収入源として運用いただいています。

S・Yさま:そうですね。

それもありがたいことではあるんですが、エグジスタンスさんとの出会いで経済的な部分の考え方といいますか。判断基準みたいなものが変わりました。

森田:例えばどんなことですか?

S・Yさま:生活のことは何でも相談できるし、提案もいただけるので自分の中では安心感とか、保証的な感覚があってちょっとしたゆとりを感じています。

森田:金額を見える化することは大事なんですね。

S・Yさま:毎月、資産運用に回す金額を決めていることが大きいと感じてます。

車の購入、収入の上昇など、リプランしながら運用しています

―1件目の購入後に、目標にしていた車の買い替えを実現できました。

森田:今乗られているミニバンですね。

S・Yさま:そうですね。もともと整備士の専門学校を卒業してたので。車を持つことは、就職当初の目標でもあったんです。

森田:はい。

S・Yさま:とはいえ、「買うって相談したら止められるだろうな」と(笑)。

森田:「返済計画はどうなっていますか?」って言いたくなってしまいます。

S・Yさま:案の定、「ライフプランを立て直しましょう」となり。

森田:(笑)。

S・Yさま:そういった助言というか、相談をできる人が周りには今までいませんでした。

森田:手元の預金を確保しておくという意味でも、資産のポートフォリオを意識するのは大事です!

S・Yさま:はい。自動車ローンの条件が良く、初回車検までに返済する目標でした。

森田:3年間のうちにってことですよね?

S・Yさま:ボーナス支払いをなしにするなど、細かくアドバイスいただきました。

約束だったのもあったのか、必死になって返済して。結果、2年で完済することができました。

森田:S・Yさまの頑張りです。

S・Yさま:大事ですね。

―その車で弊社主催のゴルフコンペに、ご参加いただいた時は嬉しかったです。

S・Yさま:不動産投資と関係ないかもしれませんが、一つ、小さいながらも目標に到達できた実感があります。

―その後、お仕事の方でも順調で、管理職になられました。

森田:おめでとうございます。

S・Yさま:はい。ありがとうございます。

森田:収入が上昇されているのは良いことです。住居費や最低限の生活レベルも上がってしまうことには気をつけていきましょう。

S・Yさま:初回購入時と変わらず、同じことを言われました。

生活費の改善として、通信費の節約プランなども細かく調べていただきました。なかなか自分で調べる時間もなかったので、ありがたいですね。

森田:はい。次の目標達成に向けても、サポートさせていただきます。

S・Yさま:ぜひお願いします。

将来に向けて、憧れの不労収入がもっと身近に

―続いて不動産投資をテーマに質問させていただきます。最初、不動産投資を検討されていなかったと思うのですが、購入前はどんな印象をお持ちでしたか?

S・Yさま:最初は身の丈に合わないというか、全く知らない世界だという怖さがありました。「不動産=危ない」みたいな。

森田:今はどう変わったんですか?

S・Yさま:以前は預金が一番安心だと思っていました。

でも、預金としてお金をある程度準備しておくことは重要ですが、お金に働いてもらわないともったいない。特に今のような低金利の経済環境では、預金金利はわずかです。安全資産の預金と不動産投資をバランスよく運用していくことが重要だと考えるようになりました。

最初は不動産投資やライフプランの見直しなど、無縁な話と思っていましたが、ご縁があって気づかせていただいたおかげで、今があると思ってます。

森田:嬉しいです。

ちなみにS・Yさまは不動産投資のメリットとして、どこに一番期待されていますか?

S・Yさま:不労収入という点は憧れでもありました。普通の一般家庭、サラリーマンの息子に生まれたので、不労収入には無縁の生活でした。

森田:弊社のお客様もサラリーマンの方が大半です。

S・Yさま:将来に向けて、自分でも憧れの不労収入ができることに期待しています。

―不動産投資を身近に感じていただけて嬉しいです。

森田:物件見学もご一緒させていただきましたが、購入した物件の印象はどうでしたか。

S・Yさま:オシャレですよね。エントランスやフロアごとに内装の色が違うとか。自分が住みたいぐらい(笑)。写真も撮らせていただきました。

1件目を購入した時にはまだなかった、エグジスタンスさんの自社ブランド物件というのも、せっかくならチャレンジしたいなという。

森田:ありがとうございます。

S・Yさま:他社の中古物件という選択肢もある中でね。もちろん、自分のライフプランに合っていたのが選んだ理由ですが。

森田:嬉しいですね。

最後に

―ありがとうございました。最後に、今後エグジスタンスに期待したいことがあれば教えてください。

S・Yさま:今後も、お客様目線の活動を期待しています。不動産投資をしてみようという人が増えてほしいですね。

森田:はい!ありがとうございました。